読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えらびかた.com

日々出会った人から教えてもらったことや、気づいたことをブログにまとめてみました。

夢を叶えた人たちが実践していた、とてもシンプルな6つの習慣

生活

f:id:unjyoryohen:20161207235059j:plain

誰しも「こうなれたらいいな」という夢や目標を持っているのではないでしょうか。でも、思っているだけでは夢はなかなか実現しないもの。夢を叶えることができる人は、「こうなれたらいいな」ではなく「こうなりたい」という具体的な将来像を描ける人が多いようです。

そこで今回は、夢をかなえた人たちが実践していた、とてもシンプルな習慣をご紹介します。

 

 

 

日記を書く

f:id:unjyoryohen:20161207235139j:plain

夢を叶えられる人は、自分の夢や目標を文字に書き起こしています。頭の中で思っているだけではなく、紙に書くことでより具体的なイメージが膨らみます。普段目にする場所に、夢や目標を紙に書いて貼っておくのも良いですが、日記に書くことをおすすめします。毎日繰り返し書くことで、自然とその夢や目標を実現するための行動をスタートしやすくなります。

 

周囲の人に夢を語る

f:id:unjyoryohen:20161207235234j:plain

夢を叶えらえる人は、周囲の人に夢や目標を語ります。例えば、ソフトバンクの孫正義会長は、福岡で会社を立ち上げた際「売り上げは豆腐のように、1兆、2兆と数えられる会社にする」と、従業員に朝礼で語っていたそうです。当時の従業員は「そんなことできるはずがない」と思っていたそうですが、現在は連結売上高9兆円を超える大企業に成長しています。
「そんなこと、できるわけがない」という人がいたとしても、あなたには関係ありません。もしもその夢が叶わなかったとしても、今の人生は維持できるのです。どんどん夢を語ることで、自然とその夢を応援したいという人が周囲に増えてきます。

 

周囲の人を大切にする

f:id:unjyoryohen:20161207235410j:plain

夢や目標を叶えられる人は、周囲の人たちを大切にします。なぜならば、大きな夢や目標になればなるほど、自分一人では達成できないことを知っているからです。家族や学校、職場など、人は集団の中で生きています。周囲の人たちを大切にしていれば、あなたが本当に叶えたい夢や目標に対して、手助けをしてくれる人が必ず現れてくれます。

 

「当たり前」に感謝する

f:id:unjyoryohen:20161207235531j:plain

夢や目標とは、言い換えれば「今の自分にないもの」のことです。夢や目標を追いかける前に、まずは今の環境に感謝するようにしましょう。家族や友人、家や洋服、健康な体など、あなたの周りにはたくさんの「当たり前」があるはずです。当たり前だと思っていたことに、感謝してみましょう。当たり前だと思っていたことの中に、あなたの夢や目標を達成するためのヒントは必ずあります。

 

直感を信じる

f:id:unjyoryohen:20161207235625j:plain

夢や目標を叶えられる人は、自分の直感を大切にします。自分の心の変化を感じられるのは、自分だけです。なんとなく好きだな、とか、なんとなく惹かれるな、という直感を大切にしましょう。自分の気持ちを押し殺していては、夢や目標を叶えることは難しいでしょう。好きという感情を持てる夢や目標でなければ、困難が起こった際にすぐに諦めてしまいがちです。

 

失敗で諦めない

f:id:unjyoryohen:20161207235723p:plain

失敗することは、だれだって怖いものです。でも、失敗を恐れずに何度も挑戦する人だけが、夢や目標を実現できます。失敗した時点で諦めるから、叶わない夢で終わってしまうのです。失敗は「この方法は間違っていた」ということを知るためのプロセスです。失敗したからといって諦めず、何度も挑戦することができれば、夢や目標を実現することができるでしょう。