読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えらびかた.com

日々出会った人から教えてもらったことや、気づいたことをブログにまとめてみました。

気を付けて!男性が勘違いしてしまう、思わせぶりな女性の態度6選

恋愛・結婚

f:id:unjyoryohen:20161201171906j:plain

 女性にとっては、ただのお友達と思って接していただけなのに、男性にしてみたら「俺に気があるのか?」と勘違いしてしまうことがあります。女性にあまり免疫のない男性や、自意識過剰のタイプの男性も、世の中にはたくさんいます。わざと思わせぶりな態度を取っていたとしたら、後でトラブルになることもありますので要注意。ここでは、男性が勘違いしてしまいやすい、思わせぶりな女性の態度をご紹介します。

 

 

 

距離が近い

f:id:unjyoryohen:20161201171958j:plain

 男性慣れしている女性は、パーソナルスペースが狭い傾向があります。特に彼氏がいたり、既婚者だったりする女性は、男性との距離が近くても、あまり抵抗を感じることがないようです。飲み会の席での距離や、一緒に歩いている時の距離、話をする時の距離が近いと、女性慣れしていない男性は勘違いしてしまうことがあります。女性の髪や洋服から、いい匂いがするのを感じてしまう程近い距離にいると、どうしても意識してしまいます。
 心理的な距離は、身体的な距離と一致しやすいと言われています。ちょっと距離を離すことで、簡単に他人行儀な雰囲気を作ることができます。

 

あいまいな返事をする

f:id:unjyoryohen:20161201172249j:plain

 男性を傷つけたくないからと、やんわりと否定したり、あいまいな返事をしていると、勘違いされる場合があります。デートに誘われても、はっきり断らなかったり、迷った素振りをしていたら、男性は「押せばOKしてくれそう」と勘違いしてしまいます。敢えて思わせぶりな態度を取るのも、恋の駆け引きには重要ですが、その気がない男性に対しては、はっきりと返事をするようにしましょう。

 

男性の持ち物を触る

f:id:unjyoryohen:20161201173545j:plain

 男子学生であれば、自分の席に女性が座っているだけでドキドキしてしまうものです。何気なしに男性の持ち物を触る癖のある女性は、男性を勘違いさせてしまう場合もあるので注意しましょう。特にスマホや財布など、プライベート情報が詰まっている持ち物は要注意です。男性も女性も、信頼している相手にしか触れてほしくないので、こうしたものを貸し借りしていると、相手に対する親近感が強くなっていきます。

 

恋愛感情を連想させる絵文字やスタンプを送る

f:id:unjyoryohen:20161201180706j:plain

 メールやLINEのやり取りの中で、絵文字やスタンプを送る機会も多いでしょう。女性にとっては、ハートマークは「可愛らしいマーク」でしかないかもしれませんが、男性にとっては「俺のこと好きなの?」と勘違いしてしまうマークです。男性に、恋愛感情を連想させるような絵文字やスタンプを送る際は、注意しましょう。

 

「好みのタイプなんだよね」「モテるでしょう」といったフレーズを使う

f:id:unjyoryohen:20161201181114j:plain

 会話の流れや、お酒の席のノリで「あなたみたいな人、好みのタイプなんだぁ」「きっとモテるんでしょう」なんてストレートな発言をしてしまうと、男性が勘違いしてしまうこと間違いなしです。本音では「見た目は好みのタイプだけど、性格がねぇ」とか「イケメンだけど、今付き合っている人いるし」と思っていたとしても、男性の記憶には「好みのタイプと言われた」「モテそうと言われた」という部分しか残りません。社交辞令もほどほどにしておかないと、思わぬトラブルに発展してしまうかもしれません。

 

食事やドリンクをシェアしたがる

f:id:unjyoryohen:20161201181446j:plain

 「それ、美味しそうだから一口頂戴」とか「そのお酒、どんな味がするの」なんてことは、女性同士で食事をしている際は気にせず口にしているセリフかもしれません。でも、男性はその一言を思った以上に深刻に受け止めてしまいがちです。「これって間接キス!」と、言われた途端に興奮度MAX状態になってしまいます。好意がない男性とは、食事やドリンクをシェアすることは慎んだ方が良いでしょう。